• ホーム
  • andu amet News Letter 2020.1.29号

2020.1.29号

真っ赤な花、どこまでも続く草原の緑、エメラルドグリーンのビーチ、青い空を覆い尽くす白い雲の色、陽にすける髪の色、黄色とブルーが混じった不思議な鳥の羽根の色…

世界は、様々な色であふれています。異なる色が並び、ときに重なりあい、そこから新しい色が生まれる。

だからこそこの世は美しいのだと、アフリカで<絶景>を目にするたびに思います。

そして、そのたびにまた思うのです。 それは私たち人間も同じだと。

人種、民族、性別、宗教、体型や体質、志向… 。

誰一人として同じ存在はなく、だからこそ素晴らしい。だからこそ愛おしい。

2020年。

新しい10年のはじまりであり、新しい12年のはじまりでもあるこの春、andu ametは「Live your color!」をキー・コンセプトに選びました。

ときには自分の欠けて入るところが気になってしまうこともあるけど、自分が自分であることに、誇りをもって生きていこう。

好きな色を着て、自分が信じる道を選んで。ほかの誰でもない、自分の人生を歩もう。

そして、自分とは異なるカラーを持つ人たちの、その魅力に気づき、愛しあおう。

そういう信念や感受性こそが真の美しさであり、これからの時代の豊かさだと思うのです。

Do you live your color?

日本が春を迎える頃、地球の反対側にあるエチオピアでも、乾季があけて、春のような気候が訪れます。乾ききった大地にパラパラと雨がふりはじめ、ブーゲンビリヤやジャカランダ、ハイビスカスなど南国特有の鮮やかな花たちが一斉に咲き乱れるのです。そんな明るく華やかなアフリカの花々をイメージして作られたのが、「Bloom(ブルーム)」。

ビビッドなピンクでも、素材の上質な風合いや質感のおかげで、意外なほどにどんな色ともハマり、服を選びません。気分をあげたい時はこの色で決まり!です。

きらめく水面。どこまでも吹き抜ける風。そんなナイルのみずみずしくさわやかな光景イメージして作られたのが「Nile breeze(ナイルブリーズ)」です。

知的でさわやかな印象をあたえてくれる明るいブルーは、デニムやホワイトシャツはもちろん、ブラックやグレー、紺などの差し色としてもぴったり。秋冬だけでなく盛夏にもお使いいただける、ヘビロテ間違いなしのカラーです。

地平線の彼方まで続く草原。そよぐ風。太陽の匂い。どこからともなく聞こえる鳥のさえずり...。
そんな美しくも平和なアフリカの光景をイメージしてデザインされた「Green field(グリーンフィールド)」。

深みのあるダークブラウンと、こっくりとしたオリーブグリーンの組み合わせは、ベーシックでありながらもどこか新鮮。合わせるだけでどんなファッションもランクアップしてくれるカラーです。

ナイルの夜を思わせる、かすかにブルーがかった深みのあるブラック。よくご覧いただくと、一般のものよりほんのかすかに青みがかっているのがお分かりいただけるかとおもいます。実は、通常のブラックピグメントにブルーのピグメントを絶妙な配分で加え、何度も試作を重ねてできあがった、andu ametだけのこだわりのブラックなのです。

目ではわからないほど微かに光るブルーのピグメントが、手にした方をより知的に、よりエレガントにみせてくれます。

どこまでも果てしなくひろがる広大な大地と、突き抜けるような青い空。
アフリカを旅していると、自分のちっぽけな悩みなんて、どうってことない!という気がしてきます。

そんなアフリカの大地を思い起こさせるようなカラー、「Mother Earth(マザーアース)」。
こっくりとした暖かみのあるブラウンで、カジュアルながらも上品でオトナっぽい印象をあたえてくれます。

ミミとはエチオピアの言葉で”小さな女の子”という意味。はじけるような笑顔で家族のお手伝いをする、健気で元気いっぱいで愛らしいエチオピアの女の子たちをイメージして作られました。

スイートなピンク、ポップなオレンジにビターなブラウンを効かせたHappy & Energeticなカラーリングは、手にした瞬間、自分自身の気分も周囲の雰囲気も、ぱっと明るくあげてくれるはず。

アフリカの砂漠を歩いていると、突然、小さな花に出くわすことがあります。一見そよ風で飛んでいってしまいそうなほどにはかなげで、でも決して枯れることなく、その乾いた大地に根を張りすっくと咲いているのです。

「Desert Flower」は、そんな砂漠に咲く一輪の花をイメージしてデザインしたカラー。どんなスタイルにも合わせやすい上品なベージュカラーに、華やかなピンク色がアクセントになっています。
優しく可愛らしい 。でもそれだけじゃない。そんな女性に手にほしいカラーです。



Information


andu amet ブランド8周年アニバーサリーパーティー

皆様のおかげで、andu ametは2020年2月1日(土)に8周年を迎えます。感謝の気持ちを込めて、同日夜、andu ametコンセプトストアにて、アニバーサリーパーティ「Live your color! 」を開催いたします。
当日は、代表鮫島が皆様をお迎えし、今年から新たにはじめるプロジェクトを一足早くご紹介をさせていただくほか、素敵なゲストとのトークセッションを予定しています。
素敵な時間を皆様と共有できることを、スタッフ一同、楽しみにしております。
詳細は、Facebookのイベント頁にてお知らせしていきます!


福財布フェアは今月末まで!

いつまでも触れていたい、やわらかく吸い付くような感触の「Long Wallet」、薄くてスマートな「L-fastener wallet」、カードケースとしても使えるミニミニサイズのお財布「Across Mini Wallet」など。 お財布類をご購入のお客様に明治神宮でお清め・ご祈祷いただいた5円玉を種銭としておつけするのは、1月31日(金)までです。



All about leather


フェイクレザーとは

フェイクレザーには大きくわけると、合成皮革と人工皮革の2種類があります。
合成皮革はナイロンやポリエステルの化学繊維の生地に、ポリウレタンなどの樹脂をコーティングして作られたもの。安価で広く普及しています。合成皮革よりさらに、天然皮革に近づけたものが人工皮革。繊維自体に樹脂を染み込ませた「不織布層」をベースに、表面にもポリウレタン樹脂が主となる表面樹脂層を作ります。
ただどちらも天然皮革とは異なり、経年変化を楽しむということはできません。大事に使っていても2、3年で割れが生じたり溶けたりと劣化します。
10-20年ほど前はアメリカを中心にこのフェイクレザーがエコレザーと呼ばれ、もてはやされていましたが、近年は生分解しないことなどからその呼び名は使われなくなり、本革のうち、一定条件を満たしたものがエコレザーと呼ばれるようになりました。



Letter from Ethiopia


旧約聖書に登場する、モーセの十戒が刻まれた石盤を納めたとされる契約の箱(聖櫃)。インディジョーンズの「失われたアーク」でもおなじみですが、エチオピアでは、これがエチオピア北部の教会の礼拝堂で保管されている、と信じられています。この箱は、普段は誰も見ることができないのですが、年に一度、1月20日に行われる「ティムカット」というお祭りで公開されます。とても神秘的なお祭りです。




from Instagram
https://www.instagram.com/anduamet/

2020.1.21

エシカルジュエリー? アフリカンビーズジュエリー
アフリカのとんぼ玉や牛の角、ヴィンテージパーツなど、ひとつひとつが異なる味わいを持つ貴重な素材を使い、現地の職人によってハンドメイドされたジュエリーたち。
続きを読む>>

2020.1.21

こんばんは。 表参道のコンセプトストアにはエシカルジュエリーも取り扱いがあるんです?
. 銃弾をビーズにしてネックレスへ変身させ、食べ物として頂いた命のツノを大切に磨きピアスに変身させる。
続きを読む>>
 
2020.1.19

この週末はぐんと冷え込みますね?? 皆さま暖かくしてお過ごし頂き、来週からも頑張っていきましょう!
通勤・通学バッグとして人気の「Happy Monday!(ハッピーマンデー!)」 ?
続きを読む>>
 



このメールアドレスは、配信専用となっております。
配信解除は誠にお手数ですがこちらから、
ご返信やお問い合わせは総合窓口info@anduamet.com までお願いいたします。
 
andu amet. All Rights Reserved.