andu ametの製品は、極上のレザーならではの素材感を最大限に生かすため、色止めやコーティングなどの加工を最小限に抑えています。そのため少々手はかかりますが、そんな時間も含めてお楽しみいただけたらと思います。

レザージャケットのお手入れ方法
How to take care of the leather jacket

  • むずかしいイメージを持たれることが多いレザージャケットのお手入れですが、実は案外カンタン。
    日常的なお手入れ方法としては、表面のホコリをよく払い、汚れと水分を防止するために防水スプレーをかければオッケーです。
    汗をかいたり食事の匂いがついてしまったときは革用の除菌消臭スプレーを、首元や脇など気になる箇所にかけるのが効果的。

    また、汚れがついてしまったときには月に1回程度、クリーナーで汚れを落とすことで匂いの対策にもなります。はじめて使用するときは、裏地など見えない箇所でテストをしてから使用しましょう。

    It seems difficult to care for the leather jacket, but it is very simple .
    As daily care, you just need to dust off from the surface with a dry hand or cloth and put the waterproof spray on.
    If sweat or the smell of food get stuck on your jacket, the disinfectant deodorant spray is great for putting leather around where you concern like the neck or the armpit.
    When heavy stain gets on your jacket , the cleaner may remove the stain .
    It would also be the proper measures for the smell for once a month maintenance. When you use it for the first time, test it in the lining before using it.

普段のお手入れ
What you can do regularly

  • 革製品は、一度汚れてしまうと落とせないということも多々あります。そのため、いかに汚れを未然に防げるかが、長持ちをさせるための重要な要素となります。
    ご使用後は、こまめにブラッシングやからぶきをしてあげてください。このちょっとしたことの積み重ねで、数年後の状態が全く異なってきます。

    からぶきは力を入れ過ぎず、全体を優しく撫でるように。特に汚れが目立ちやすい白色の箇所や、手の汚れや汗が付きやすいハンドルは、丁寧に拭いてください。
    雨や汚れを防止するために、時々防水スプレーをかけておきましょう。
    andu ametでは、極上の素材の魅力をひきたてるため、顔料などを極力抑えた天然仕上げを採用しています。
    そのため、防水スプレーは、シリコン系ではなく通気性を損なわず素材に影響を与えないフッ化炭素樹脂を使用したスプレーをおすすめしています。

    It often happens that the stain on the leather products cannot be removed forever. Therefore, the key for long-lasting use is to take care before it gets a stain.
    After use, please brush or wipe with a dry cloth frequently. As a result of this small deed, the condition of the leather after a few years will be amazingly different.

    When you use a dry cloth, stroke the whole of the product gently and never put too much force. Please wipe carefully, especially the white spot where the stain can be found easily and handles where the dirt or sweat of hands can be stained easily.
    To prevent stain or rainwater from being soaked, we recommend you to put waterproof spray on sometimes.
    andu amet, we avoid using pigment as much as possible then adopt natural materials to bring out the charm of the finest leather as much as possible.
    Therefore, we recommend a waterproof spray contains fluorocarbon resin instead of silicon-based spray since the former does not impair breathability and does not damage the material.

汚れたときは
When it gets dirty

  • 軽い汚れやくすみの場合は、「ソフトガミ」などラバークリーナーで優しくこすって落としてください。
    強くこすりすぎると表面が剥がれることがあるのでご注意ください。
    部分的な汚れやシミには、スプレータイプのクリーナーをご使用ください。
    乾いた柔らかい布に、クリーナーを付け、汚れた部分を拭き取ってください。こすらず少し叩くようにして落とすのがコツです。つけすぎ、こすりすぎは色落ちの原因になりますのでご注意ください。

    スエード部分にホコリがついたときは、馬毛ブラシやスエード用ラバークリーナーで落としてください。レザーは繊維質のため、汚れを吸い込みやすく、時間が経てば経つほど落ちにくくなります。気づいたらできるだけ早く対処してあげてくださいね。

    If it’s a light stain or a dullness, please use a rubber cleaner like “Softgami” then rub gently.
    Please note that too much force may cause the surface to peel.
    For the partial stain, please use the spray typed cleaner.
    Please put the cleaner on the dried soft cloth then off the stain. Keep in your mind to pat a little but not to rub to remove. Please note that too much cleaner and rubbing may cause the colour to run out.

    When dust gets on the suede part, please use a horsehair brush or a rubber cleaner for removing. Since the leather is fibrous and it absorbs the stain easily, the more you leave the stain, it will be harder to get it off . Make sure to clean the stain as quickly as possible.

雨に濡れたら

  • 水はレザーの大敵。雨天はできるだけ使用を避けたほうが良いのですが、突然振られてしまうこともありますよね。そんな時、まずは、乾いた柔らかい布を取り替えながら、布を軽く押し当てて水滴をできるだけ早く拭き取ります。
    水分を拭き取ったら、バッグの中にタオルなどを入れて、形を整えてください。革製品は濡れると伸びるため、そのまま放置すると型崩れの原因となります。

    その後、風通しの良い日陰に2-3日置いて、自然乾燥させます。 ドライヤーやストーブで乾かしたり、直射日光に当てたりは厳禁です!
    濡れて乾いたレザーは柔軟性が失われています。柔軟性を取り戻すため、オイル配合の防水スプレーをかけ、成分を浸透させた後、栄養クリームを少量塗布してください。

    Water is a big enemy for leather. You should avoid using it when it is rainy, but sometimes you could have a sudden downpour. At such times, you should wipe off water droplets as quickly as possible by pressing the soft dry cloth lightly against leather while changing .

    After wiping water droplets, shape it by putting something like a towel in your bag. Leaving it untouched for a while causes it to lose shape since the leather becomes stretched when it gets wet. Then put it in the well-ventilated shade for 2-3 days, and let them dry naturally. Do not use a hair dryer or heater, nor put under direct sunlight. Wet and dry leather loses flexibility. To regain flexibility, use waterproof spray with oil. After letting the component permeate, apply a bit of the nutrition cream.

保管方法

  • 革は、時々休ませてあげるとより長持ちします。直射日光のあたらない、風通しのよい場所に保管するようにしてください。直射日光は退色や革の劣化に、湿気はカビにつながります。
    長期間使用しないときは、型くずれを防いだり湿気を吸収したりするために、中にタオルや紙などをまるめて作った詰め物をいれて、購入時におつけした不織布の袋に入れて保管してください。
    Airyなど薄手のバッグやジャケットは、吊るして保管すると折りじわになりません。
    防虫剤や乾燥剤は直接革に触れないようにご注意ください。

    We recommend you to make leather rest sometimes to use it longer.Store it in a well-ventilated place and out of direct sunlight. The direct sunlight causes fading and leather degradation and the humidity causes mold.
    When you leave it untouched for a long time, please store it in the dust bag provided in purchase, with stuffing rolled-up towels or paper to prevent them from losing their shape and to absorb humidity. Thin bags and jackets, such as Airy, should be hung up to prevent creasing. Please do not use insecticides or desiccants directly on the leather.