Bag Charm L

お手持ちのバッグに合わせて、手触りを密かに楽しんでいただけます。

エチオピアシープスキンをひとつひとつ細く加工し、フリンジ状のバッグチャームにしました。
Happy Monday!やAiryのバッグに、同じカラーリングで合わせることで華やかな雰囲気がぐっと増すこのアイテム。様々な形状のバッグの持ち手に取り付けることが出来るので、お手持ちのバッグに合わせて、エチオピアシープスキンの手触りを密かに楽しんでいただけます。Bag Charm Sよりも長めのお作りなので、よりエレガントさが感じられます。
根元についたモザイクのような装飾は、寄木細工をモチーフにしたアクセント。andu ametらしい遊び心を醸し出します。
ちょっとした贈り物にも喜ばれるアイテムです。

Color

Green Field

美しい草原。どこまでも続く道。太陽の匂いと子供達の笑い声。そんなエチオピアの田舎の幸せな風景をイメージした、穏やかで優しいカラーです。

Mimi

ミミとはエチオピアの言葉で”女の子”という意味。スイートなピンク、ポップなオレンジにビターなブラウンをミックスした、大人かわいいカラーです。

Nile Black

ナイルの夜を思わせる、かすかにブルーがかった深みのあるブラック。知的で神秘的なカラーです。

Nile Breeze(限定カラー)

きらめく水面。吹き抜ける風。そんなブルーナイルをイメージした、知的でさわやかなカラーです。

Leather

羽根のように軽く、絹のようになめらか。
触れた瞬間に誰もが幸せになってしまうような繊細な感触でありながら、極めて丈夫なのがエチオピアシープスキンの特長です。
レザーの最高峰として、高級ブランドのハイエンドなアイテムに使用されている希少性の高い素材です。

andu ametのシープスキンについて、詳しくはコチラから >

Leather Sample

数あるシープスキンの中でもその質感と風合いにとことんこだわった andu ametのレザー

際立つ薄さにも関わらず 保たれるその丈夫さ
レザーとは思えないほどの軽さ
そして「赤ちゃんのほっぺ」のような唯一無二の肌触り

高級素材と言われるその所以を、ご購入の前に試してみたい
そんなご希望にお応えするandu ametの無料サービスです

レザーサンプルのご請求ページはコチラから >

Maintenance

シープスキンは他の革に比べて柔らかくきめ細かいのが特徴であり魅力です。
andu ametの製品はエチオピアシープスキンが持つ極上の素材感を損なうことなく、
ナチュラルな魅力を最大限に生かすため、色止めやコーティングをはじめとする加工を最小限に抑えています。
それゆえお手入れには手間がかかりますが、正しくお手入れすることによりその分長くご使用いただけます。
是非、手間をかけて大切にかわいがってあげてください。

お手入れ方法を詳しく見る >

Wrapping

無料ラッピングは、クリア袋にリボンをつけてお送りいたします。
特別な贈り物には、有料のギフトボックス(オリジナルボックスS)もご用意しております。
andu ametカラー、チョコレートブラウンをベースに羊のロゴをあしらった、オリジナルのボックスです。 高級感と温かみのある 大切な方へ贈るお祝いやプレゼントにぜひどうぞ。

Gift Boxページへ >

• エチオピアシープスキンについて
andu ametの製品は、極上のエチオピアシープスキンが持つ風合いや質感をお楽しみいただくために、素上げ(顔料等による皮膜加工を行わず、革が持つ自然の風合いを残して、素に近い状態で仕上げる方法)のオリジナルレザーを使用しております。そのため、色むらや小さな傷、しわなどがみられるほか、色移りや退色が起こる場合がございます。雨天や高温多湿の日、汗をかいた際や淡色の服装の際は特にご注意ください。

• プルアップレザー使用製品について プルアップレザー(オイルを染み込ませた牛革)は、キズや色むらが比較的目立ちやすいという特徴がありますが、そのキズもふくめて味わい深く変化してゆく、よりエイジングをお楽しみいただけるレザーです。気になる場合はオイルやクリームをつけて、丹念に揉み込むと目立たなくなります。

Bag Charm L
■仕様
素材:エチオピアシープスキン
サイズ:全長27cm (フリンジ部分17cm)
*ハンドメイドのため、サイズは製品により多少誤差がございます。予めご了承ください。
型番
1065
販売価格
4,860円(税360円)
カラー
ラッピング
購入数

designer

  • 鮫島 弘子 | Hiroko Samejima

    東京出身。国内メーカーでデザイナーとして働くなかで、 安価な製品を短いサイクルで大量生産するものづくりのトレンドに疑問を感じるようになり、2002年にボランティアとしてアフリカへ渡る。 エチオピアでファッションショーを企画開催、ガーナでフェアトレードプロジェクト立ち上げるなどファッションやデザインに関するプロジェクトに複数携わる。
    帰国後、外資系ラグジュアリーブランドのマーケティング担当を経て、2012年、株式会社andu ametを設立。
    世界最高峰の羊皮エチオピアシープスキンを贅沢に使用したラグジュアリーなレザー製品の製造・販売を開始。
    2015年、日系企業としては3社目となる現地法人をエチオピアに設立。現在は、日本とエチオピアを往復する日々。