Long Wallet

色つやを活かしたカラーリングと、手の平にすいつくような触り心地

世界最高峰のレザー、エチオピアシープスキンを贅沢に使用したお財布。毎日使うものだからこそ、最高級の素材を使いたいというこだわりの方に、オススメの逸品です。

落ち着いた色つやを活かしたカラーリングと、手の平にすいつくような触り心地。使いこむほどに色つやが増し、手に馴染み、味わい深くなってまいります。 手作りならではの温もりとエイジングをお楽しみいただきながら、ぜひとも長くご愛用ください。

Color

Green Field

美しい草原。どこまでも続く道。太陽の匂いと子供達の笑い声。そんなエチオピアの田舎の幸せな風景をイメージした、穏やかで優しいレイヤードです。

Mimi

ミミとはエチオピアの言葉で”女の子”という意味。スイートなピンク、ポップなオレンジにビターなブラウンをミックスした、大人かわいいレイヤードです。

Ethiopian Rose

美しい薔薇の産地としても名高いエチオピア。大輪で色鮮やか、そして長い期間楽しめるのが特徴です。そんなエチオピアの薔薇をイメージした、グリーンと赤に白いラインがポイントとなった、気高く華やかなレイヤードです。

Nile Breeze

きらめく水面。吹き抜ける風。そんなさわやかな、ブルーナイルをイメージした、知的でさわやかなレイヤードです。

Bloom

燦々と太陽が降り注ぐ中、ブーゲンビリヤやジャカランダ、ハイビスカスなど色とりどりの花が咲き乱れます。そんなエチオピアの花々をイメージした、明るく華やかなレイヤードです。

Nile Black

ナイルの夜を思わせる、かすかにブルーがかった深みのあるブラック。知的で神秘的なカラーです。

Mother Earth

突き抜ける青空。果てしなく広がる大地。アフリカを旅していると、自分のちっぽけな悩みなどなんていうこともない、という気がしてきます。そんなアフリカの大地を思い起こさせるような、明るいブラウン。カジュアルな中にも品格を感じさせるカラーです。

Leather

羽根のように軽く、絹のようになめらか。
触れた瞬間に誰もが幸せになってしまうような繊細な感触でありながら、極めて丈夫なのがエチオピアシープスキンの特長です。
レザーの最高峰として、高級ブランドのハイエンドなアイテムに使用されている希少性の高い素材です。

Maintenance

シープスキンは他の革に比べて柔らかくきめ細かいのが特徴であり魅力です。
andu ametの製品はエチオピアシープスキンが持つ極上の素材感を損なうことなく、
ナチュラルな魅力を最大限に生かすため、色止めやコーティングをはじめとする加工を最小限に抑えています。
それゆえお手入れには手間がかかりますが、正しくお手入れすることによりその分長くご使用いただけます。
是非、手間をかけて大切にかわいがってあげてください。

お手入れ方法を詳しく見る >

Wrapping

通常のお届けでは、ロゴマークのついたオリジナルボックスに入れて、お送りいたします。
贈り物には、リボンをおかけしますので、備考欄にてご指示ください。

andu ametでは、革にもともとある、そんな小さな「きず」や「まだら」などの個体差は、動物たちがエチオピアの大自然の中でのびのびと生きていた証であり、天然の素材の魅力のひとつであると捉えています。そのため、それらを隠すのではなく、革本来の質感がより活きるようなナチュラル仕上げにこだわっています。

Long Wallet
■仕様
素材:エチオピアシープスキン
内装:カードポケット×8、紙幣収納ポケット×2、ファスナーつきコインポケット×1
サイズ:H10×W18×D3(cm)
*ハンドメイドのため、サイズは製品により多少誤差がございます。予めご了承ください。
*オリジナルボックスに入れてお届けします。
型番
1026200
販売価格
33,480円(税2,480円)
カラー
購入数

designer

  • Hiroko Samejima

    東京出身。国内メーカーでデザイナーとして働くなかで、 安価な製品を短いサイクルで大量生産するものづくりのトレンドに疑問を感じるようになり、2002年にボランティアとしてアフリカへ渡る。 エチオピアでファッションショーを企画開催、ガーナでフェアトレードプロジェクト立ち上げるなどファッションやデザインに関するプロジェクトに複数携わる。
    帰国後、外資系ラグジュアリーブランドのマーケティング担当を経て、2012年、株式会社andu ametを設立。
    世界最高峰の羊皮エチオピアシープスキンを贅沢に使用したラグジュアリーなレザー製品の製造・販売を開始。
    2015年、日系企業としては3社目となる現地法人をエチオピアに設立。現在は、日本とエチオピアを往復する日々。